2009年12月19日土曜日

おじゅうはっちゃ

寝坊したので、房総半島北半分の調査。
収穫はまずまず。

Yの森にカメラを置いた後、散策していたら、その森を管理している団体の方に出会い、案内してもらった。
古道の研究をされているということで、おもしろい話をいろいろ聞かせていただいた。
(江戸時代は歴史の中でもかなりたるんでいた時代で、お遍路さんみたいな行為が流行っていたとか、昔の人の道の作り方とか)
うすうす感じていたけれど、房総半島の尾根にはかなりの数の道があるらしい。
調査で入っている場所も、昔は道として使っていたところがけっこうあるのかも。
タモリ倶楽部的な感じで、楽しいですな。

0 件のコメント:

コメントを投稿