2010年9月30日木曜日

urbanへ

今日は、主に論文収集&読みで終わる。

とくにちゃんと読んだのは以下の二つ

McDonnell MJ, Hahs AK (2008)
The use of gradient analysis studies in advancing our understanding of the ecology of urbanizing landscapes: current status and future directions
Landscape Ecology 23: 1143-1155
都市化傾度と動植物の関係の概論と文献メタ解析という内容。
今後は複数地域での研究を比較してより一般化したり、詳細な環境要因の影響の理解が必要みたいです。

Randa LA, Yunger JA (2006)
Carnivore occurrence along an urban-rural gradient: a landscape-level analysis
Journal of Mammalogy 87: 1154-1164
シカゴにおける都市化経度でアライグマとキツネ、コヨーテの分布を調べた研究。
都市の中心ではアライグマが多くて、キツネやコヨーテは都市から離れた方が増えるとのこと。
キツネやコヨーテは都市でもいけるという触れ込みだけど、都市“過ぎる”場所では厳しいようです。


さて、帰るか。

0 件のコメント:

コメントを投稿