2012年3月14日水曜日

宣伝

生態学会@龍谷大学で下記のような企画集会を開催します。
ぜひご参加ください。

---
企画集会 T12
「まちといきもの:都市生態学の展開と管理への応用」
http://www.esj.ne.jp/meeting/abst/59/T12.html

とき:3月20日 15:00-17:00
ところ:C会場

企画者:土屋一彬(和歌山大・環境), 斎藤昌幸(横浜国大・環境情報)

講演内容:
1. 都市生態学の必要性を考える
*斎藤昌幸(横浜国大・環境情報),土屋一彬(和歌山大・環境)
2. 都市化傾度に沿った生態系の変化:節足動物を事例に
*弘中豊,小池文人(横浜国大・環境情報)
3. 地域住民の都市生態系に対する意識:獣害対策を事例に
*中村大輔(岐阜大・連農)
4. 都市生態系を規定する社会経済的要因:樹林地管理を事例に
*土屋一彬(和歌山大・環境)

コメンテータ:小池文人(横浜国大・環境情報)


---
企画要旨:

全世界で都市人口が農村人口を超え、さらなる都市への人口集中が予想される今世紀においては、都市生態系が健全に機能し、持続的にその生態系サービスが発揮されることが、良好な都市生活の維持のためにより重要になると考えられる。その科学的基盤として、今後、都市における生態学(すなわち都市生態学)が果たすべき役割は大きいと期待される。

ところが、特にわが国では、農村に比較し都市の研究が盛んとは言いがたい。今までの都市生態学は、主に空間パターンと生物相(特に鳥類が多い)との関係解明を中心に研究が展開されており、都市生態系の生態学的な機能や位置づけ、社会経済的要因との関わりなどについての理解は発展途上にある。

本集会では、都市生態系やそれに関わる社会経済システムに着目した多様な研究事例の紹介を行うことで、都市生態学分野の現在の広がりを展望する。それを踏まえて都市生態学のこれからの展開やその成果の生態系管理への応用について議論し、この分野の活性化の機会としたい。


0 件のコメント:

コメントを投稿